個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■鳥山氏「『FFXIII-2』はやり込み要素、周回プレイも用意。シリーズ初となるマルチエンディングを採用しています。」





ff13_2_b_logo_img.jpg




鳥山氏「『FFXIII-2』はやり込み要素、周回プレイも用意。シリーズ初となるマルチエンディングを採用しています。」


【デモ動画あり】北瀬・鳥山氏に訊く『FFIII』から『FFXIII-2』への変化【E3 2011】
鳥山 ほかには本作では、やり込み要素も用意してます。周回プレイもできますし。

――“強くてニューゲーム”のような?

鳥山 それとはまた違った新しい周回プレイの楽しさを提供できると思います。また、今回は、『ファイナルファンタジー』では初となるマルチエンディングを採用していますから、それもやり込む楽しさになると思います。

――えっ!? 複数の結末が!?

鳥山 やはりプレイスタイルでいままでの『FF』にはないものを取り入れたいという気持ちがありましたし、『FFX』から『FFX-2』のときは世界観からバトルなど、何から何までガラッと変えたんですけど、今回は世界観やシリアスなストーリー展開は『FFXIII』の路線なので、ゲームプレイ部分の新しさをなるべく出そうと思い、マルチエンディングを採用しました。

『FFX-2』みたいな結末が少し変わるよ、って程度じゃないの?
そういうエンディングだと『FFV』もある意味マルチエンディングになるか…

マルチエンディング…だと…、ますます、どんな話になるのか見えてこない。
ついでなので他に気になった部分も。

――試遊では、探索部分のギミックが豊富になっていたのが印象的でした。

鳥山 前作は逃亡劇を扱ったストーリードリブン(ストーリーを重視し、それによって物事が動かされていく構造)な展開でした。しかし、ユーザーの皆様からのさまざまな意見をいただき、今回はプレイヤードリブンで、プレイヤーが積極的に探索し、アクションを起こすことによってイベントが起こっていくような、いろいろな選択肢がある作りにしています。

――バトルでもいろいろ変更点がありますが、モンスターが仲間になるというのが大きな変更点ですね。

鳥山 より戦略的にロールを組み合わせて遊んでいただくためです。モンスターは、種類ごとにロールが決まっているんです。モンスターを組み込むことで、個性的な編成が可能になっていますよ。

北瀬 パラダイムシフトで、カードゲームのデッキを変えながら戦うようなイメージです
ね。

ゲームシステムの部分はあれこれ面白そうな部分があるかなと。

::関連過去記事::
【ゲームプレイ動画あり】『ファイナルファンタジーXIII-2』E3 2011で判明した新情報まとめ。
アルティメットヒッツ発売に合わせ7月21日に『ファイナルファンタジーXIII』イージーモード対応アップデート実施決定。

::関連::
『ファイナルファンタジー XIII-2』公式サイト(音声注意)


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。