個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■無重力アクション PS VITA『GRAVITY DAZE』公式サイトがオープン、ティザートレーラーも公開。






gravity_daze_logo_img.jpg





無重力アクション PS VITA『GRAVITY DAZE』公式サイトがオープン、ティザートレーラーも公開。


『GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動(仮)』公式サイト
gd_gravity_daze_site_img.jpg



gravity_daze_e3_2011_t_0609_img.jpg

<ストーリー>
 巨大な円柱の周囲を囲むように築かれた都市国家「ヘキサヴィル」。
 この都市は凶悪化の一途を辿るを「重力嵐」により、壊滅の危機に瀕していた。

 住処を失い、さまよう人々の姿も目立ち始めたヘキサヴィルの一角で、
 後に、街の人々から「キトゥン」と呼ばれる少女が目を覚ます。

 記憶を失い、何もわからないキトゥンは、重力を操る奇妙な黒猫と出会い、共に行動するなかで、
 様々な人々と出会い、様々な事件に巻き込まれていく。

 重力嵐、そして謎の怪物「ネヴィ」の脅威から人々を守るため奔走するキトゥンは、
 やがて街と自身を取り巻く謎の核心に迫って行く……。

<キャラクター>
忘河の重力使い「グラビティ・キトゥン」
 ヘキサヴィルの一角で目覚める以前の記憶を失っており、その素性の一切が不明。
 常に黒猫と共に行動することから、いつしか街の人々から「キトゥン(子猫)」の通称で呼ばれるようになる。
 見知らぬ街に戸惑いながらも、人々を救う為に奔走する。

重力猫「ダスティ」
 猫の形をした謎の生命体。重力を操る力を持ち、その身体の中には別の空間が広がっているかのようである。
 目覚めたキトゥンと最初に出会い、その後は共に行動する。
 キトゥンによりダスティと名付けられるが、気に入らないのか呼ばれても一切反応しない。

謎の怪物「ネヴィ」
 重力嵐の頻発に伴い街に突然現れた謎の生命体。
 知性は乏しく本能的に行動し、街に点在する重力機関をエサとして狙う。
 不用意に近づいたりすると興奮し、危害を加えてくる。
 様々な形状の個体が存在し、大きさや行動まで多種多様である。

<アクション>
【重力アクション】重力をコントロール。自由に空間を飛びまわれ!
キトゥンはダスティの力を借りて、周囲数メートルの範囲の重力の働く方向を変化させることができる。
横方向に落下することで高速移動を行ったり、上方向を下として、あたかも空中を飛び回っているかのような行動も可能となる。
「重力コントロール」を発動し空中に静止し、その間に落ちたい方向を向き、浮遊状態を解除するとその方向に落下を始める。
重力操作ができるのは重力エナジーが尽きるまでの間に限られており、最初は短い間しか重力操作できないが、主人公を成長させる事で飛躍的に伸ばすことが可能となる。

【バトル】重力機動を上手く使い、「ネヴィ」たちに立ち向かえ!
キトゥンはキックを主体とした格闘攻撃でネヴィに立ち向かう。
地上戦ではキックのコンボ攻撃が主体となるが、重力操作によって得た加速力を活かした「重力キック」など多彩な攻撃を繰り出せる。

雰囲気、マジで好みすぎる。
あまりに自由すぎて、どこが上か下か分からなくなるな…w

キック主体のスタイルだからか重力を使ったライダーキックみたいなことしてる。コレ、確実に買うわ。

::関連過去記事::
『Silent Hill』、『SIREN』の外山圭一郎氏が手がける注目作、PS VITA『GRAVITY DAZE』新情報まとめ。
>コンセプトアート見るだけでわくわくする。

::関連::
『GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動(仮)』公式サイト


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。