個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【小島監督×須田51】『ヒデラジ』放送300回記念企画として、ラジオドラマ『SUDA51'S SDATCHER』を配信予定。




snatcher_logo_img.jpg



【小島監督×須田51】『ヒデラジ』放送300回記念企画として、
ラジオドラマ『SUDA51'S SDATCHER(スダッチャー)』を配信予定。


【速報】”SUDA51'S SDATCHER(スダッチャー)"が発表に! - ファミ通.com
 小島監督によると、"ヒデラジ"放送300回記念企画として、ラジオドラマ"SUDA51'S SDATCHER(スダッチャー)"を配信予定とのこと。"スダッチャー"とは、小島監督が1988年にMSX2用ソフトとして世に送り出したアドベンチャーゲーム『SNATCHER(スナッチャー)』にインスパイアされた須田剛一氏(グラスホッパー・マニファクチュア)が手掛ける、オリジナルラジオドラマ(※言うまでもなくタイトルは、『スナッチャー』と"須田"をもじったものだ)。
 この企画は、2007年のグラスホッパー・マニファクチュア主催のイベント"HOPPER'S vol.2"にて、"プロジェクトS"としてその存在が明かされたもの。ついにそれが実現したというわけだ。

その豪華スタッフは以下の通り。

脚本:須田剛一(株式会社グラスホッパー・マニファクチュア)
音楽:山岡 晃(株式会社グラスホッパー・マニファクチュア)
キャラクターデザイン・イラスト:ヨシオカサトシ
企画・原作・総合監修:小島秀夫


”スダッチャー”は、『スナッチャー』を知っている人はもちろん、知らない人にも楽しめる内容になっているという。”ヒデラジ”の中では須田剛一氏からのメッセージも聴けるので、これは実際に自分の耳で確かめてほしい。もちろん、この第296回、そして前篇の第295回の内容もBGMやSEなどを織り交ぜつつ小島監督自身が『スナッチャー』について大いに語っているという非常に濃いものとなっているので、ぜひ通して聴いてみていただきたい。

公式二次創作…だと…
小島監督と須田さんがなんかやってたのってコレだったのか。

山岡さんが音楽担当なのか、忘れずに聴いておこう。
コレに合わせて「アーカイブス化決定!」…とかあると嬉しいんだけど、どうなんだろ。




::関連::
小島秀夫の「ヒデラジ」/小島秀夫公式ブログ「HIDEOBLOG」

小島秀夫 (Kojima_Hideo) - Twitter
SUDA51/須田剛一 (suda_51) - Twitter


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。