個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■映画『ドット ハック』は映像ソフト化する際に「ハイブリッドディスク化」し、ちょっとしたゲームが付くらしい。







dot_hack_the_movie_logo_img.jpg






映画『ドット ハック』は映像ソフト化する際に「ハイブリッドディスク化」し、ちょっとしたゲームが付くらしい。


バンダイナムコ、劇場用3Dアニメーション「ドットハック」製作発表会を開催 - GAME Watch
 発表会が始まると、まず本作のエグゼクティブプロデューサーである、株式会社バンダイナムコゲームスの鵜之澤伸氏が登壇。鵜之澤氏は「.hack」シリーズでも初めてとなる劇場版映画を制作することになった経緯について「9月3日から公開が始まる『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』の3DCG映画、これを第1弾として公開させていただくことになりました。それに続いて、来年この『ドットハック』を劇場公開させていただこうと考えています。

(中略)

 続いて、「今回作っている映画も、パッケージになるときにはプレイステーション 3のちょっとしたゲームが付属します。ゲームと映画がハイブリッドで1つのディスクの中に入っていて、PS3に入れてメニュー画面からゲームを選ぶとゲームが入っていて、ムービーを選ぶと3DCGの映画が入っている。そういう仕様になっています。日本のクリエイターが持っている映像を作る能力、アニメやCGの映画、ストーリーを作る能力を持つ彼らを連れて、一緒にビジネスに出て行こう、という試みでして、日本のクリエイターが世界に羽ばたけるといいな、という思いも込めて展開しています」と、ゲーム会社ならではの要素についても紹介していた。

ゲームだけで良かったのに。
まさかとは思ったけど、ホントに「ハイブリッドディスク」対応作品だったのか…

せめて、『.hack//G.U. TRILOGY』みたいな映画だったら…今更、何言っても無駄だけど。

『.hack//G.U. TRILOGY』プロモーションビデオ。
2007年(2008年)公開作品。参考までに。

::関連過去記事::
『.hack』シリーズの最終章、3D映画『ドット ハック .hack//The Movie』2012年1月公開予定。

::関連::
劇場版『ドットハック』 サイバーコネクトツー公式サイト
『.hack//The Movie』 .hackチャンネル公式サイト


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。


まあ、でも、そもそもこのシリーズって
何故最初から映像作品のみで語らないのか?
って疑問を持ちたくなるような商品構成だったし。

同梱のDVDでストーリーテリングしてるのに、
ゲーム中でもいわゆる物語主導型だったし、
RPGみたいなゲーム形式である必然性に
欠けていたっていうか。

その証拠に、その後TVアニメ化された際に
ゲームでは語りきれなかった部分を補完するように
物語を構成していってたし。
[ 2011/08/24 22:55 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。