個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『ポケットモンスターB・W』に登場する“N”の初期設定が公開、隠された本名や「決戦!N」についての裏話も。





pokemon_bw_08_img.jpg




『ポケットモンスターB・W』に登場する“N”の初期設定が公開、隠された本名や「決戦!N」についての裏話も。


増田部長のめざめるパワー » Blog Archive » ・第215回・
N特集!!!

ポケットモンスターブラック・ホワイト1周年記念企画第2弾!
Nの初期設定の一部を紹介。

―–ここから―–

本名、ナチュラル・ハルモニア・グロピウス(Natural Harmonia Gropius)
Nは自然数(Natural number)から。
Nは人を越えている。IQが異様に高い。
数学の魔術師と言われるほど数学に長けている。天才。
頭の回転が速い。感情の起伏が激しい。
人の過去や未来を見ることができる。
ポケモンから生まれた人間だと噂される。(両親は不明)
ポケモンには愛たっぷり、人とは距離を置いている。
自分自身を完全体だと思っている。
ポケモン第一主義的思想。
人間離れしているため、人から恐れられてきた。
そのため、ポケモンとは非常に近い関係性を持っている。


―–ここまで―–

などなど、、、
こういった設定を作ったので、
音楽もその設定に沿って考えました。
まずは、数学の天才ということで、
自身と1以外の約数を持たない数字、1より大きな自然数。
そうです。
「素数」です。
この素数を中心テーマに曲を作りました。


Nの曲には2種類ありますが、
最初に作曲したNとの最後の戦い、「決戦!N」の解説です。

1~2小節 C3(鍵盤の真ん中のドの音)を基準の0として白鍵を1と見立て、
       素数23,19,17,13,11,7,5,3と音が下降します。
       ややこしいのですが、時間軸でも8分音符単位で素数になっていて、
       8分音符を1として、2、3、5、7、11、最後に13で9音が
       縦並びで同時に鳴ります。

3~13   C3(鍵盤の真ん中のドの音)を基準の0として白鍵を1と見立て、
       素数2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19と上昇する音になってます。
       縦8音素数の基準を16分音符で流してます。
       脳内の電気の流れのイメージです。
       軽やかなバスドラ、無気味なベースは王であるNというより、天才を表現しています。

7~10   過去未来が読めるというニュアンスで時計の音で表現。
       7小節と9小節のクローズハイハットで押さえています。

11~13  ドラムがテクノやジャングルというジャンルのように入ります。

14     符点4分(=8分3つ、3=素数)が2つ(2=素数)

15~19  5小節のロングトーン。5=素数。
       スチールドラムの金属的な音でフェードイン、キラキラさせていますが、
       これもNの頭の回転の早さを示しています。(ドーパミン放出!みたいな)
       素数的な意味を持たせているため、コードで動いていません。

20     スチールドラムが巻き戻し的な感じで半音ずつ下がり、音量も減ります。

21~23  3小節(3=素数)

24     スチールドラムが巻いていく感じで音が高くなります。

25~29  5小節。素数。15~19小節とは和声が違うので注意。
       また、15小節には無かったスチールドラムが25小節目から入っているので、
       15~19小節との音量バランスも異なります。

30~33  21~23小節同様。

34~39  テーマが変わる前の一端終了のイメージ。ドラムも弱くなる。
       38~39はテンションをあげたままにしたいので、上に上げてます。

40~55  第二テーマ。
       ベースと同じ音を金属的な音の重ねとパイプオルガン。
       Nとの最後のバトルなので、高尚かつ神秘的なイメージのため、わざとパイプオルガンで、
       このフレーズ。
       金属的な音色にしているのは、リズムパートの代わり。
       オープニングでも使う「声」のつながりとして、声を2つ男性、女性で使ってます。

48~55  バックにSEを。巨大物が回っているような音。低音リズム。

47、53  ここでの音の1つは14小節、24小節がここでも影響していることの表現。

56~67  バスドラムが4分打ちで入ってくる。力強い感じ。
       Nの吹き出す感情。
       冷静なNが心の底から怒りが込み上げてくる感じ。

68~75  感情にプラスして乗りかかる思考(ドラム)。
       強さを表現するため、半音ずつ上がっていく。

76~79  エネルギーの爆発。Nのすべてが解き放たれる。

80~83  そのエネルギーの残り香。そのまま、15小節に戻る。
       このため、プレイヤーのテンションが変化した(上がった)まま、ループになる。
       同じフレーズが1度上がったような別の印象に聞こえる。
       83小節=素数。

いかがだったでしょうか?
Nについて、そしてNの曲について少しでも興味を持って頂けたら幸いです。
出だしの素数の奏でる音。

チャオ!!


対N戦(ラストバトル) 「決戦!N」。

N、中二設定の塊だなぁ。
あのBGM、こんなこだわりがあったのか。

また、前回の企画記事ではゲーチスの由来とゲーチス戦BGMのイメージについての解説が。
音楽由来のネーミングや設定に沿ったBGM作りは音楽に携わる増田順一さんらしい設定かも。

増田部長のめざめるパワー » Blog Archive » ・第212回・
9月18日をもちましてポケットモンスターブラック・ホワイトは、
1周年を迎えることができました!
ありがとうございます!

PGLのメンバー数も180万人突破!!バトルも盛り上がってます!
登録されている方、ありがとうございます!

ポケットモンスターブラック・ホワイト1周年記念企画第1弾!

今回はゲーチスについて語っちゃいます!!
敵のボス、悪者の名前を考えるときに、
音楽で悪い音とか不吉な音ってないのか?と、
ふと思い、調べてみると、、、
あるんですね。これが。
三全音(トライトーン)

http://ja.wikipedia.org/wiki/三全音

「音楽の悪魔」と言われたそうです。。。
で、その音から名前を付けたんです。
どういうことかというと、、、

ソの音、G(ドイツ読みでゲー)
ド#の音、Cis(ドイツ読みでツィス(チス))
この2音の和音が三全音(トライトーン)なんです。
こうやって、ゲーチスの名前は作られました。


もちろん、ゲーチスとの戦闘曲もこの和音にこだわっています。
ティンパニーはもちろん、途中のメロも、声の部分も、
ソとド#、GとCisで形成されるようにしてます。
なかなか、不気味な感じの曲になっているのではないでしょうか?

ちょっと出だしだけ聞いてみましょ。
(注:下部に参考動画があります。)

いかがでしょう?
残念ながら、絶対音感を持っている人じゃないと分からないかも知れませんが(汗)。
次回は「N」の曲について書きますね!
チャオ!


対ゲーチス戦 BGM。

::関連::
ポケットモンスターオフィシャルサイト

増田部長のめざめるパワー
増田順一 (Junichi_Masuda) - Twitter


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。