個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



bethesda_soft_logo_img.jpg

【E3 2015】目玉の『Fallout4』などE3初日から期待以上の内容だったベセスダ・ソフトワークス E3カンファレンス簡易まとめ。





『DOOM』


bethesda_e3_2015_01.jpg



・FPSタイトルの金字塔『DOOM』の新作が発表。開発はこれまで同様id Softwareが担当。
・長めのプレイデモが公開。欠損表現あり。
・途中で遺体の左腕をもぎ取るシーンが…
 何をするのかと思いきや主人公の手では開けられない生体認証ロックを外すための仕掛けだった様子。
 チェーンソーを手に入れ、チェーンソー無双するシーンも。
・マルチプレイも当然用意、火星などのロケーションがあるとか。こちらも紹介映像あり。
・CO-OPもあり。
・『DOOM SNAPMAP』というマップを自作出来るインゲームツールを用意。
 ステージどころかゲームルールまで設定出来、当然他のユーザーとシェアも出来る。
・さらに別のシングルキャンペーンのゲームプレイ映像が。
 武器の持ち替え中は周囲がスローモーションに。様々な武器を駆使して戦う様子が。
 また、豊富なフィニッシュムーブも見所。
 顔見せだけではあるものの最後には巨大なボスとの戦いも。
・2016年春にPS4、Xbox Oneで発売予定。
・『DOOM』をはじめ、ベセスダ製タイトルのネットワークサービスをまとめて管理する『Bethesda.net』のサービスも開始予定。

『BATTLECRY(バトルクライ) TEAM BASED ACTION COMBAT』


bethesda_e3_2015_02.jpg



・新作F2Pオンラインアクションゲーム。
・様々な格闘タイプが設定されたキャラクターたちの紹介映像。こちらも欠損表現あり。
 「BRAWLER(ブロウラー)」、「ENFORCER(エンフォーサー)」、「INFILTRATOR(インフィルトレイター)」、
 「RANGER(レンジャー)」、「GADGETEER(ガジェッター)」の中から選んでチーム同士で戦う。
・E3会場でプレイアブル出展されている様子。

『DISHONORED2(ディスオナード2)』


bethesda_e3_2015_03.jpg



・ステルスアクション『DISHONORED』の新作。開発はArkane Studios。
 新主人公である成長したエミリー・カルドウィンの姿などが収められた紹介映像が公開。
・PC、PS4、Xbox Oneで発売予定。
・前作『DISHONORED』のリマスター版がPS4、Xbox Oneに登場。秋発売予定。

『The Elder Scrolls Online: Tamriel Unlimited』


bethesda_e3_2015_04.jpg



・『オブリビオン』や『スカイリム』で国内でも知られる『The Elder Scrolls』シリーズのオンラインゲーム。
 『The Elder Scrolls Online』のアップデートプラン紹介映像が公開。

『The Elder Scrolls Legends』


bethesda_e3_2015_05.jpg



・『The Elder Scrolls』シリーズのカードゲームが登場。
・PC、スマートデバイス向けに展開。

『Fallout4』


bethesda_e3_2015_06.jpg





・わざとらしく『Fallout4』の情報をスルーしようとする場面も。
 (そして、ちゃんと茶番に乗っかるノリの良い観客)
・『Fallout3』、『The Elder Scrolls』シリーズの製作総指揮として携わったトッド・ハワード氏が登壇。
 「『スカイリム』で多忙だったが、特別な『Fallout』が出来た」と語るトッド・ハワード氏。
・『Fallout4』の世界観を構築している多数のイメージボードが紹介された映像が公開。
 「最後のシーンが重要。核戦争の爆発に包まれる前から物語が始まるからだ」と語るトッド氏。
・妻と鏡を見ながら、キャラクターエディットをする男性主人公。さらに女性主人公となる妻もエディット可能。
 キャラクターエディットはこれまでと違い、感覚的に操作出来るように。
 さらに二人の間に生まれる子供は二人の特徴を引き継いでクリエイトされるとか。
・キャラクタークリエイトを終え、そのまま序盤のイベントシーン。
 「S.P.E.C.I.A.L.」のパラメーターを割り振る場面も。警報の中、子供抱えシェルター「Vault 111」へ走る夫婦。
 そして、生き残った者として核爆発後の世界をジャンプスーツを着た主人公が歩く映像。
・視点はFPS視点、TPS視点が選択可能。
・選択肢の選択がボタンに割り振られ、より直感的なものに。
・愛犬であり相棒でもあるコンパニオン「ドッグミート」との出会いも。指示をして物を持ってこさせたりも出来るとか。
・モールラットとの戦闘シーン。当然、シリーズの特徴である「V.A.T.S」も使用。
・様々なロケーションの紹介。
・「Pip-Boy」の取り付けシーンも。ゲームテープを入れて、ミニゲームも楽しめるとか。
 オマケに『ドンキーコング』的だったり、『アステロイド』的だったり…
・限定版用に実際に「Pip-Boy」のプロップを作成。こちらはスマートデバイスをはめ込んで使えるとか。
 さらにゲームと連動して、セカンドスクリーンとして「Pip-Boy」の画面を映して、実際に操作出来るとか。
 「セカンドスクリーンはくだらない」と言いつつも面白い要素。
 iOSとAndroidに対応予定。
・本作とは別にスマートデバイス向けのゲームとして『Fallout Shellter』の紹介。
 日本で言う『アジト』シリーズのような画面構成でシェルター『Vault』を自分好みに作り上げるシミュレーションゲーム。
 ヌカ・コーラ工場やバー、トレーニングルーム、学校など様々な施設を用意。リワードもあり。
 侵入者や火災などのアクシデントも起き、それらの対処に頭を悩ませたり、居住者の恋愛や出産で世代を重ねたりする。
 ゲーム本体は無料。iOS版についてはまさかの「今晩からダウンロード可能」の発表。一部機能以外はオフラインで遊べるとか。
 (日本では利用出来ないのかと思っていたらApp Storeで普通に配信されていました。当然ながら翻訳されていないので注意)
・再び、『FO4』の紹介に。
 廃品をかき集め、それらを再利用して家を建てたり出来るとか。当然、インテリアも自由。
 家だけでなくドッグミートの犬小屋もあったり。
 発電機を用意して電気を作ったり、自分の街を守るためのタレットを設置したりなども。
 どうやら自分だけの街を作る要素がある様子。
・当然、武器やパワーアーマーをカスタマイズして自分好みの武器・アーマーを作り出す事も可能。
 特に武器はバットまでカスタマイズ出来たりと膨大な組み合わせが。
・最後には色んなコスチュームを着こなす主人公や戦闘シーンも。
 アーマーはその場で着脱が可能な様子。ベルチバードを呼ぶためのスモークなんかもあったり。
 何よりもドッグミートかわいい。とてもかわいい。
・「あまりファンの皆さんをお待たせする訳には行かない」と意味深な発言をしたと思ったら、
 まさかの2015年11月10日(北米)にリリースのお知らせ!?
・最後に今回発表したタイトルのデフォルメフィギュアを用意。会場に来た人には出口でプレゼントされるとか。
 普通に欲しい。



初日のベセスダ・ソフトワークスのカンファレンスですが、E3 2015のスタートを飾るに相応しい内容でした。
(というか、この後カンファレンスする他社はベセスダのおかげでハードル上がったのでは…)

『DOOM』が国内で発売出来るのか、発売出来てもこのままじゃ出せないんじゃないかという点は多少気がかり。
それはさておき、他のユーザーと色んな自作ステージで遊べる『DOOM』や
自作した自慢の家・街を他のユーザーと見せ合って話題にしやすい『Fallout4』といった「クリエイト要素」が良いですね。

『Fallout4』が想像していた物の遥か上を行っていたのがヤバかった。どう見たって約束された神ゲーじゃないか…
あとはローカライズ大変そうだけど妥協せず頑張って欲しいなー、と。

<追記>
Bethsoft.com ニュース | 『Fallout4』2015年冬 日本語版 発売決定! コレクターズ版「Pip-Boy®エディション」数量限定にて発売!
ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア株式会社は、次世代オープンワールドゲーム『Fallout® 4』に関して、2015年冬に日本語字幕・日本語音声を含む国内版を発売致します。

また、『Fallout 4』本編に、ゲームに登場する重要デバイス「Pip-Boy」や、様々な限定グッズをセットにした豪華コレクターズ版「Pip-Boyエディション」を数量限定にて発売致します。各予約の受付は開始準備が整い次第、改めてご案内致します。
「Pip-Boyエディション」の内容は以下をご確認下さい。

>国内でのアナウンスも来ていました。さらに「Pip-Boyエディション」の販売アナウンスまで。
 あの手の限定版って日本では出なかったりするのでありがたい。

Amazon.com: Fallout 4 - Pip-Boy Edition - PC: Video Games
>北米「Amazon」では限定版の予約が始まっていたようです。「Pip-Boy」本体もいいけど、一緒に付いているケースも良いですね。


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。