個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ultraman_x_site_top_img.jpg


『ウルトラマンX(エックス)』、新戦士「ウルトラマンエックス」の声に中村悠一が抜擢…など、今週(~6月20日)の特撮ヒーローの話題まとめ。



『ウルトラマンX(エックス)』、新戦士「ウルトラマンエックス」の声に中村悠一が抜擢。


『ウルトラマンX』田口監督「新しい世界観と原点回帰」エックスの声は中村悠一に | マイナビニュース

ultraman_x_2015_0618_001l.jpg



7月14日よりテレビ東京系の『新ウルトラマン列伝』内で放送がスタートする特撮TVドラマ『ウルトラマンX』(毎週火曜18時~)の制作発表会が18日、「東京おもちゃショー2015」のバンダイブースで行われた。

この日の発表会には、歴代41番目となる新ウルトラヒーロー「ウルトラマンエックス」と、共に戦う特殊防衛チーム「Xio」(ジオ)の隊員を演じる、大空大地役の高橋健介、山瀬アスナ役の坂ノ上茜、風間ワタル役の細田善彦、貴島ハヤト役の松本享恭、橘さゆり役の月船さらら、神木正太郎役の神尾佑、三日月マモル役の原田隼人、高田ルイ役の百川晴香、山岸タケル役のTAKERU、松戸チアキ役の瀬下千晶の10名が登壇。また、本作の主題歌の作詞を担当するおちまさと、田口清隆監督も応援に駆けつけた。

(略)

田口監督は「今回、まったく新しい世界観と新しいウルトラマンを目指しつつ、逆に王道・原点回帰も図り、毎回巨大怪獣と防衛隊の新兵器が登場するので、ご期待ください」と自信をのぞかせていた。

そして高橋は、音楽ユニット・ボイジャーの2人(TAKERU・瀬下)と共に主題歌を担当。作詞を務めたおちまさとは、「主題歌のタイトルはズバリ『ウルトラマンX』。エックスと主人公・大地の掛け合いがあり、心の葛藤や決意を描きました」と歌詞に込めた思いを明かした。さらに、会場ではエックスの声を声優の中村悠一、Xioのラボチームで特別顧問をつとめる仲間の宇宙人「ファントン星人グルマン」の声を松本保典が務めることも明らかに。

そのほか、エックスがサイバー怪獣「サイバーゴモラ」を身にまとった姿「ウルトラマンエックス ゴモラアーマー」も初披露。大地が変身アイテム「エクスデバイザー」を使って「ユナイト」(=一体化)。その後、「サイバーゴモラカード」をエクスデバイザーにスキャンさせると、「ウルトラマンエックス ゴモラアーマー」が登場。エックスがポーズを決め、会場から大きな拍手が起こっていた。

新ウルトラマンシリーズ『ウルトラマンX』は、テレビ東京系6局ネットで毎週火曜日夕方6時から好評放送中の『新ウルトラマン列伝』内で、7月14日よりスタートする。

ultraman_x_2015_0618_010l.jpg






中村悠一、ウルトラマンX役の声優に抜てき | ORICON STYLE
中村悠一、ウルトラマンXの声優に - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w



ここでも杉田(『ギンガ』)と中村(『エックス』)かよ!?(驚愕)
『ゴーバス』で樹液やったと思ったら、ウルトラマンかー。

田口監督のTwitterで予告されていた記者会見ですが、ここで「エックス」のキャストが中村悠一である事が発表されたようです。
技術者ポジションにあたる「ファントン星人・グルマン」の声に松本保典がキャスティングされている事も明らかになりました。
ちょっと予想していない所からキャスティングされたからビックリした…さすがに『ウルトラマン』でもいつもの二人が揃うとは思わない。
そういえば、「エクスデバイザー」のシステム音声は誰だか公開されてないですね…そこは本編で確認するまで公開されないのかな。

また、会場では「ゴモラアーマー」を装着したエックスや変身シーンも見られたとか。

試写会に行った方の反応も良さそうなので期待が高まります。色んな意味で7月の放送が楽しみ。


杉田智和同様、物凄く綺麗な中村悠一で草。
 エックス、思ったよりさわやかで若い感じ。大地との会話を見ると『仮面ライダー』同様、バディ(相棒)ものっぽいですね。
 短いながら様々なビークルが登場したりと田口監督こだわりのシーンも垣間見える予告。



中村悠一、マネージャーに「ウルトラマンになってもらうかも」と言われ… | テレビ関連ニュース [テレビドガッチ]
出演が決まり、中村は「ある日突然マネージャーから言われた一言“中村さん……ちょっとウルトラマンになってもらうかもしれないです”。こいつも過酷なマネージャー業務で少しおかしくなってしまったかな? と思っていたが、よくよく話を聞いてみると“新作のウルトラマンのボイスオファー”という事らしい。ウルトラマン……小さい頃見ていたあのヒーローに、随分おじさんになってしまった自分が命を吹き込み、未来への希望である子ども達に夢を託す。虚構の世界ではありますが、それらを信じ、真っ直ぐな心を育ててくれるコンテンツとして今なお続くこのシリーズに参加できる喜びを、今ヒシヒシと感じております。精一杯演じさせて頂きます。『ウルトラマンX』放送まで、もう間も無く!」と、喜びを語った。

また、主人公・大空大地(高橋健介)の所属する地球防衛チーム・Xioのラボチームで特別顧問を務める「ファントン星人グルマン」の声は、松本保典が担当。松本は、「私はタイムリーでウルトラマンを観ていました。もちろん夢中でテレビにかじりついて。私が小学生低学年の頃です。確か、空想特撮シリーズと言う冠が付いていたように思います。その頃はウルトラマンや怪獣は本当にいると思っていました。ウルトラマンになりたいとすら思っていましたね。なので今回、『ウルトラマンX』の台本を手にした時、この仕事をやっていて良かったと本当に思いました。役は宇宙人ですが、そんな事何でもありません。だってウルトラマンだぜっ! その世界観を思い切り味わって演じたいと思っています。楽しみです」とコメントを寄せている。

>中村悠一のコメントに草を禁じえない。



製作発表が行われたのにあわせて、新たに二人の脚本家情報が公開。







製作発表の模様と「おもちゃショー」で公開された商品ラインナップなども。




>神尾さん、めちゃくちゃテンション高くて草。

ultraman_x_2015_0618_01.jpg

ultraman_x_2015_0618_02.jpg


>「ゼロアーマー」完全にウルティメイトイージスそのままとか、ガーゴルゴン(下写真の右の大きい怪獣)が超獣っぽいカラーリングとか。

ultraman_x_2015_0618_03.jpg


>「おもちゃショー」と関係ないけどついでに「ベムスターアーマー」。防御主体のアーマーみたいですね。

::関連::
ウルトラマンX(エックス) 公式サイト
ウルトラマンX | バンダイおもちゃ公式サイト

劇場版『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』予告編が公開。


劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!



8月8日公開の劇場版予告が公開。『ドライブ』の方はネタバレシーン満載なので一応注意。
何がどうして現れたのかプロトドライブの愛車らしきものまで出てくるようですが…
それにしてもシリアスで重い『ドライブ』と明るくコメディ色の強い『ニンニンジャー』の組み合わせメリハリあるなー…
前回の記事にもまとめましたが、『仮面ライダーゴースト』の客演も楽しみ。

::関連::
仮面ライダー&ニンニンジャー予告編で“ベルトさん”が破壊され、殿さまは恐竜に - 映画ナタリー
チェイス、運転免許取ってる…人間のルールに従うからね、しょうがないね。

その他、気になった特撮ヒーローの話題。


『仮面ライダードライブ』泊進ノ介役・竹内涼真の弟が激似らしい件。

>弟、めちゃくちゃ似てる…



『牙狼<GARO> -GOLDSTORM- 翔』第11話に「JAM Project」奥井雅美さんが魔戒法師・ヒカゲ役でゲスト出演。

>JAM Projectとして『牙狼』シリーズの主題歌に参加している奥井雅美さんがゲスト出演するとか。
 しかもチョイ役じゃなくて魔戒法師。来週出るそうなのでメモ。



●6月25日放送予定の『VS嵐』につるの剛士率いる「チームヒーロー」として色んな人が出るらしい件。
VS嵐 - フジテレビ

vs_arashi_team_hero_img.jpg


チームヒーローつるの剛士(『ウルトラマンダイナ』アスカ・シン)、永井大(『未来戦隊タイムレンジャー』浅見竜也)、
 賀集利樹(『仮面ライダーアギト』津上翔一)、小澤亮太(『海賊戦隊ゴーカイジャー』キャプテン・マーベラス)、
 井上正大(『仮面ライダーディケイド』門矢士)、佐野岳(『仮面ライダー鎧武』葛葉紘汰)

>何気に永井大がいる…しかも、変身ポーズまで決めている件。
 一部地域では放送時間が違うそうなので注意。



COMPLETE SELECTION MODIFICATION 開発者ブログ | 東京おもちゃショー2015で展示&発表! | バンダイ公式ブログサイト
そして・・・・ブースでは驚きの発表が行われます!

それはなんと!!次のCSMシリーズが発表されます!!!
ディエンドライバーの次は一体なんなのか!?

さらに、発表される商品は1つとは限りませんよ・・・・

東京おもちゃショーへお越しの際には、是非CSMブースへお立ち寄りください。
ご来場お待ちしてます!!


東京おもちゃショー2015:バンダイ「大人の為の変身ベルト」最新作発表 ハイパーゼクター、ガタックゼクターを参考展示 - ねとらぼ

cs_kabuto_b_2015_img_01.jpg

cs_kabuto_b_2015_img_00.jpg

cs_kabuto_b_2015_img_02.jpg


>写真は参考展示品ではありますが『ガタックゼクター』と『ハイパーゼクター』のコンプリートセレクション化が決定したとか。
 このまま、『ホッパーゼクター』もお願いします。



『シンケンジャー』戦隊職人新作はシンケンオー、あの"おでん合体"を完全再現 | マイナビニュース
バンダイのボーイズトイ事業部が展開する、"違いのわかる大人の戦隊ファン"に向けた玩具シリーズ「戦隊職人 ~SUPER SENTAI ARTISAN~」の新商品『超合金 侍合体 DXシンケンオー』が発表された。6月18日~21日の4日間にわたって東京ビッグサイトで開催中の「東京おもちゃショー 2015」でお披露目されている。

(略)

今回お披露目された同シリーズ第5弾の『超合金 侍合体 DXシンケンオー』は、ギミックや詳細などは追って発表となるが、展示には「あの"おでん合体"を完全再現」と書かれたポップも掲示。「戦隊職人」の名に恥じない高いクオリティを誇っていることが予想される。さらに「ダイシンケン」や「秘伝シールド」といった多彩なボーナスパーツも付属しているという。バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」での限定販売となり、価格は15,000円(税別)。7月1日より予約受付がスタートする。

殿「オレ、余ってるだろ!」も再現できるとか。
 価格はこの手の商品だと妥当な所じゃないかと思います。(基本、超合金は高いので)



発光!トライドロン!【工場サンプル紹介】 : S.H.Figuarts(エス・エイチ・フィギュアーツ) スタッフブログ
>6月22日で受注締切となる『S.H.Figuarts トライドロン』の工場サンプル画像と
 『S.H.Figuarts 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラ』のサンプル画像が公開。『フォーミュラ』意外と良いかも。



ドライブ →
<32話>
 「いくら貴様が記憶を改竄しようと、人の思いを完全に消す事は絶対に出来ない!そんな人たちを…俺は守るッ!」
 直前の勝利ムードから一点して衝撃的な敗北となった32話。倒される事までが計画通りだったとは…
 記憶操作が効く人間と効かない人間がいると解説する真影のシーンは、針が効かなかった進ノ介同様、次の話の複線になっていた様子。
 それにしても、現さんの不自然なくらい言えない「ロイミュード」のシーンってちゃんと理由があったんだ…
 あと本編の内容と関係ないけどハート役の蕨野友也、何気に声当てるの上手い。

<33話>
 「お前も…人のために命を賭けて戦う仮面ライダーだと分かった。自分の信じた事を貫け、剛…」
 冒頭のニュースと号外を配るシーンの絶望が凄い…
 嬉しそうに蛮野博士の人格が入っているであろうタブレットを無用心に手にするブレン。案の定、剛に奪われるガバガバぶりで草。
 体質についてチェックしなかった真影も詰めが甘い…
 ヤケを起こす剛を荒っぽくてもしっかり正すチェイス。この二人は紆余曲折ありましたが今回の件で和解出来そうですね。
 中盤、ドライブドライバーが生命維持装置として機能する事でかろうじて生きていると語るりんな。
 ベルトさん、最悪の事態まで見越していたのか…唐突に言われたからビックリしたけど、プロトドライブの一件があったから万が一に備えたんですかね。
 ベルトさんと一心同体になった進ノ介のシーンは『W』を髣髴。
 殺陣のシーンも『W』を演じた高岩成二だから出来る一人二役でちょっと懐かしさがありますね。
 「タイヤカキマゼール」のギミックも画的に面白い。
 今回で退場になった堀内さんお疲れ様でした。短いながら存在感がありました。
 あと、蛮野博士が森田成一だったのでちょっと意外だったり。なんかイメージしてた人と違ってて「えっ、こんな声なんだ」ってなった。

<34話>
 「この世界は…そんな人間ばかりじゃない…!」
 科捜研に行った時に見せられた週刊誌の表紙を見た感じ前回、殉職したと報道された件は
 その後「誤報」あるいは「奇跡の復活」として取り上げられている模様…
 「どんより」だの「ロイミュード」だのが当たり前に存在する世界だし、何が起こっても不思議ではないのかもしれませんが。
 最初の戦闘シーンで使用した「ピーポーセーバー」が凄く効果的に使われていたけど、
 なかなかフルに生かすシチュエーションなさそうですね…とはいえ、ヒーローらしい武装。
 進ノ介が生きていたことを喜ぶハート。この手の好敵手との戦いだけを求める戦闘狂キャラ、結構好き。
 そして、良い所なしのブレン。なぜネタキャラになってしまったのか…きっと、中の人のせい。
 拳銃の在り処を聞き出そうとする現場に現れた本願寺さんがちょっと2時間ドラマチック。
 あまりにもくだらないプライドと嫉妬心で父親の命を奪った仁良に激怒する進ノ介。
 今思えば、やたらと協力的だった仁良課長は単純に自分を足蹴にした真影に復讐し、あわよくば存在を消してもらって、
 ついでに弱みだった証拠を隠滅しようって腹づもりだったたんだなー…
 仁良とブレン、「嫉妬」の感情を強く持つ物同士が作用しあって、ついに超進化したブレン…
 そういえば、ロイミュードが「超進化」するキッカケの中心にいつも進ノ介がいるんですが、話の都合?何か理由がある? 
 終盤に向けてどんな話になっていくのか気になります。

ニンニンジャー →
<14話>
 部屋むちゃくちゃにされてるのに平然としている八雲と霞で草。セットをフルに使った大立ち回りはちょっと面白かった。
 立ち回りと言えば前半の川辺での戦闘シーン、塀を走るキニンジャーのシーンが何気に目を惹く。さすが竹内先生、若いアクターに負けない。
 風花のお母さん感凄い…天晴と風花はどっちも抜けた所があるけどお互いが足りない部分を補い合ってる感じで良い兄弟なのかも。
 雷蔵のライバル視が個人的に腑に落ちない感じだったのですが、今回のエピソードで人知れず鍛えていた天晴の姿を見て納得出来ました。
 勢いだけで戦っているようで、ちゃんと影ながら鍛えてたんですね。
 あと、この回はてらそまさんの演技が活き活きしてるのが観ていて楽しかった。

<15話>
 「私、失敗しないので」の台詞で草。フタクチオンナの声、沢城みゆきだったのか…
 「オレオレ詐欺」に続いて、悪質な契約…変な所、社会風刺してるなー。
 そそのかされて判を押しちゃうロデオマルもアレだし、そもそもオトモ忍に指紋あるのか!?とか気にしてはいけないんだろうか。
 案外あっさりと霞の口車に乗っちゃうフタクチオンナ…痛恨の人選ミス。
 それにしても正影と九衛門の関係、絶対どこかで破綻するよね…すでに腹の探りあいになってる…

<16話>
 『ニンニン』最初のサブ脚本回。毛利亘宏脚本の「父の日」エピソード。これまでの『ニンニン』の中で一番好きなエピソードかも。
 普段、頼りない感じに描かれている父・伊賀崎旋風も人の親。我が子を守るためなら命を賭して必死に守る!
 …と今時の心優しい父親ながら、いざとなったら誰よりも頼りになる父親像が描かれ、
 矢柴俊博さんの演技もあってか、非常に印象に残るお話でした。使えなくなった力も子供の為なら使えるようになるんです。
 ぶっきらぼうでも素直に父親に感謝したり、父の日のプレゼントを用意していたり、一緒に買い物に行ったりと
 伊賀崎家の子供たちは真っ直ぐ育ってるなー…その辺もああいう父親がいるからこそなのかもしれませんが。
 見た目から想像出来なかったんだけど、カサバケさん結構強かった…
 あと、「特売日に旋風が来る」ってリサーチをしてる晦正影さん面白すぎるでしょ。
 最初こそ、(拙い演技もあって)頼りない感じだったニンニンジャーも最近は割とヒーローしてて良いですね。
 次週はいよいよスターニンジャーが本格的にニンニンジャーの一員になるっぽいですが、すんなりと仲間になる感じじゃ無さそう…


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。