個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週のスーパーヒーロータイム (0906)

◇「悪魔と相乗りする勇気」
w_0906_op
w_0906_01

何コレ…超面白い…

個人的な好みだと期待以上の第1話だった、「仮面ライダーW」。
全然内容は違うんだけど「時効警察」とか、あの手の雰囲気深夜ドラマが好きな人はハマるかも知れない。



まず冒頭、アバンタイトルのシーンはいかにも田崎竜太らしい魅せ方が素晴らしい。
あの良くも悪くも「サギっぽさ」すらあるインパクトは他では出せないw

w_0906_02
特にこのシーンは何度観てもゾクゾクするねぇ…

そしてオープニング、月夜にマフラーをたなびかせてたたずむ仮面ライダーW。カッコよすぎるだろ…
オープニングのイントロと独特の演出が相まって、とても良い雰囲気。
ただ、文字通り「はんぶんこ怪人」になって歩いてくるWは少し不気味w
しかし、TAKUYAの名前ひさしぶりに見たなー。ジュディマリにいた時以降見てなかったけど、まさかライダーで見ることになるとは。

本編で気になった部分を抜き出すと、事件現場を押さえたときのカメラやドーパントに襲われたときに使った腕時計型ガジェット、それにケータイ…何気に翔太郎が使う「メモリガジェット」が全部紹介されてて、上手いなぁって思った。玩具を見るとギミックもなかなかよく出来てるし。
たぶん、変身できない話とか出てくるんだろうな…メモリガジェット大活躍!って感じの。
子供は喜ばないだろうけどw

肝心のバトルシーンはインパクトが強かった…いろんな意味で。
翔太郎とフィリップは離れていても変身可能だったり、ルナジョーカーのゴム人間化とか、
サイクロンジョーカーのキックは自分が真っ二つとか…w

w_rider_kick.jpg
問題の真っ二つキック「マキシマムドライブ/ジョーカーエクストリーム」
事前に知っていても驚いた。

でも、ゴム人間化って案外ヒーローの能力としては変ではないんだよね。
古くは「ファンタスティックフォー」からある能力だし、「レインボーマン」もそういう能力あったんだっけ?
世代が違うから、あまり詳しくないんだけど…たしか、あったと思う。
ルナはゴム人間って事ではなくて、ジョーカーが体術主体だったからあんな感じになったらしい。
ルナは「変則」を司っているって設定らしいので他のメモリと組み合わさった時どうなるのかも楽しみ。

あと、作中狙ってやってるっぽい「オマージュ」が面白い。
冒頭のコーヒー噴出は探偵物語、星の図書館のシーンはマトリックス、ホワイトボードのシーンはガリレオ…
他にも拾いきれていないネタが盛り込まれてそうだけど…
よくよく考えてみたら寺田克也さんがデザインにいる理由って「”探偵” 神宮寺三郎」って繋がりか…?
なんていうかヒーローもので、これだけ小ネタというか「分かる人だけ分かって、分かったらニヤッとしながら観て欲しい」って作品も珍しい。
翔太郎の愛読書がチャンドラーの「ロング・グッドバイ」って辺りもキャラクターを際立たせる小ネタで面白い。

決してド派手ではないけど、散々使い古されてきたネタを軸にしている安定感みたいなのはスゴく感じた、
ただ勢いに任せて観ても楽しいけど、作中でちりばめられているバックグラウンドも知るとより楽しめるかも。
あー、次週が楽しみすぎて、ヤバイ。
もう頭の中で立木さんの「サイクロンッ!ジョォォオオカァァアッ!!」リフレインしてる。

次回はいきなり仲違い…!?

w_0906_next

第2話では移動巨大ビークル・リボルギャリーとハードボイルダーが大活躍…ってハードボイルダーの名付け親は翔太郎なのかw

ってか、マルタイソーセージ、ディケイドじゃやらなかったガンバライドカード封入やるのか!!
プロモカード3種類、か。これなら集められそう…?
ちなみに初回封入分のみということなので欲しい方は早めに抑えておいた方がいいかも。
カードの能力はコチラを参照。
仮面ライダーW - 仮面ライダーバトル ガンバライドまとめwiki - livedoor Wiki(ウィキ)

::関連::
仮面ライダーW(ダブル) 東映公式サイト

◇甦る外道公家・アクマロと正義の灯火・ダイゴヨウ
前回、寿司と中身を入れ替えられてしまった源太は危うくネコに食べられそうになった恐怖から寿司恐怖症になる…って展開があった上の今回の話。
なんか聞くだけだとギャグなんだけど、根底にある「抵抗できずに死ぬかもしれない」っていうのはやっぱり恐ろしい。
トラウマになってしまった源太はスシチェンジャーも握ることが出来ず、ついには引退を口にしてしまう。
そんな源太を勇気付けようと、それぞれが嫌いな物を克服しようとする…ってシーンは笑ったw
殿の気持ち、結構わかるわ…w

一方で六門船に姿を現した新たな外道衆、筋殻のアクマロ。
堀川さんの演技もあってか、あの内面に秘めた黒い感じがスゴく良い。
ドウコクに取り入るためのシーンとか良い感じだった。

物語後半、シンケンジャーの前に突如乱入する筋殻のアクマロが圧倒的過ぎて、ゾクゾクした。
鉤爪で切り裂いたり、蹴鞠であしらったり、まさにやりたい放題。
「我だけでは本気を出してもらえぬのでござりますな…」でおもむろに切り紙を始めて、「切神」を召喚したり手加減なさ過ぎて…こういうキャラ好きだわ。
ヒーローって、こういう冷酷非道な敵キャラクターがいると燃える。

戦闘シーンも結構見所があって、烈火大斬刀薙ぎ払いからの大筒モードはテンションが上がった。
あとはテンクウシンケンオーのピンチになってる演出、シンケンオーの兜が取れてたのが細かい。
そんな大ピンチの中、ダイゴヨウを持って駆けつけたシンケンゴールドが登場し、
アクマロを何とか撤退させたゴールドはダイゴヨウを折神大変化。
てか、ダイゴヨウってこんなイントネーションなのか、イメージとかなり違った。
ダイゴヨウのディスクが詰まった!のシーンはちょっと面白かった。
ダイゴヨウ自体は、これまでのスーパー戦隊シリーズ同様の典型的なサポートメカといった印象。
中の人が同じせいか、ダイゴヨウの声がたまーにファイヤーエンに聞こえる…w

そもそも、源太なんでゴールドに変身してるの?…って疑問は「彦馬さんに無理やり寿司を食べさせられたから」という実にしょうもない落ちで解決。
彦馬さん、ナイス。やっぱり、こういうときって荒療治が効果的なんだな…w
無事、すべてが一件落着…かに見えたところに、ダイゴヨウが岡っ引きの提灯と十手をモチーフにしていることを聞いた流之介が一言。
「岡っ引きは”侍”じゃないぞ?」
ダイゴヨウの体に大きく書かれた「侍」は源太の勘違いだったことを知ったダイゴヨウは不満爆発。

で、その結果、次週に引っ張るという…新戦力のはずのダイゴヨウが早速家出って…w

shinken_0906_next.jpg



■その他、特撮画像ネタ。

・どの仮面ライダーWがお好みかな?

vljiko000296.jpguptv0043886.jpg

上半身と下半身が互い違いになってる奴、冗談抜きでカッコいいんだけど…

・真っ二つになれば、こんなことだって出来ちゃう。

w_ultra.jpg



・人は俺を「ハードボイルドの伝道士」と呼ぶ。

w_gaia_n.jpg


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。