個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週のスーパーヒーロータイムまとめ (04/04)

sht_2010_img.jpg

今週の『スーパーヒーロータイム』まとめ と 特撮ネタまとめ。

天装戦隊ゴセイジャー epic.8 「ゴセイパワー、暴走」
仮面ライダーW 第30話 「悪夢なH/眠り姫のユウウツ」

※ 更新停止中の穴埋めのため簡易更新。(感想のみ)


【仮面ライダーW】「」

w_0404_01_s.jpg
w_0404_02_s.jpg

<感想>
目覚まし時計を手に現れた不思議な女性・雪村姫香。話を聞いてみると、眠ってしまうと夢の中にドーパントが現れ、サークル内の男子学生は全員襲われてしまったのだと言う…
アバン、劇中作である『風の左平次』に斬られ役でおなじみ福本清三さんの姿が。なるほど、以前話に聞いたのはこれだったのか…

とりあえず、事件の話を聞くため研究室へと向かう翔太郎たち。
って、何なのこの研究室…赤城教授、変質者じゃないかw いきなり度肝を抜かれた…カオスだ…
ちなみにここで教授が言っているのはマレー半島に住むセマイ族の明晰夢を見るためのホントにある話。よく調べてるなー…

教授から脳波データを検知する装置を借り、夢の中のドーパントに挑む翔太郎と竜。
しかし、いざ寝ようと意識すると眠れない翔太郎。あるある、ありすぎて困る。
眠くならない翔太郎は興味の無い時代劇『風の左平次』を観ていれば、そのうち眠くなるだろうと考えDVDを見始める…
だが、予想外にハマってしまい更に眠れなくなってしまった翔太郎。これも良くある。
どうでもいいけど、DVDの扱いの荒さが気になって気になって…傷が付いちゃうだろ…w
その頃、睡眠状態に入った竜にナイトメア・ドーパントの魔の手が忍び寄っていた。

夢を見ている竜…それはある意味、悪夢だった…
なんか夢とはいえ妹に会ってニヤニヤしたり、結婚の話を聞いてショックを受けたり面白すぎるだろ照井竜w
夢だという認識を持っている事でこれが明晰夢だと気付いた竜。その瞬間、犯人・ナイトメアが現れた。
ここから展開する戦闘シーンが田崎監督らしい変わった演出で面白かった。
結婚式の夢から一転、ビリヤード場に変わる夢は夢にありがちな整合性無く突然切り替わるシチュエーションそのまま。
夢の中で倒す事が出来ないナイトメアになすすべも無く、竜はドリームキャッチャーによって眠り病に。
一方、『風の左平次』を観ていた翔太郎は…コーヒーを飲みながら朝までDVDを観ていた。寝るんじゃなかったのかw

時を同じく園咲邸。そこには、奇抜な衣装に身を包み、異常に楽しげな若菜の姿が。
しかし、席を立った瞬間にその気分が一瞬冷め、再び高笑いを始める…ひと目で正常ではない精神状態に陥っていた。
一種の躁鬱状態なんだろうか、この後の展開でも気分が極端に変化したりしていたけど…
この状態は直挿し状態になったドライバーの影響なのかと問う琉兵衛。
そして、去り際。娘に何かあった時はただでは済まない、と井坂に念を押すのだった。
この先の展開だけど、娘を思う父親的感情が「エクストリーム」を見せる事と何か関係しているような気がするなぁ。
やはり、園咲若菜は『仮面ライダーW』で重要なキャラクターだ。
それとドライバーの毒素って話がどことなく『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンドっぽい話に聞こえる。
3部初めの精神力次第でスタンドは害になり得るってヤツ。あれが頭をよぎった。まあ、『W』自体にまったく関係ないんだろうけど、なんとなくね。

再び大学へ向かった翔太郎たちにナイトメアから忠告があったと言う姫香だったが、翔太郎が引くはずも無く捜査を続ける事に。
そして、姫香を毛嫌いする亜樹子…亜樹子と同じ気持ちになってる人、いっぱいいたと思うよ…
その頃、同じく大学へ荷物を持って現れたフィリップ。
二人でダブルに変身し意識をひとつにすれば同じ夢に入れるかもしれないと考えたのだ。
わざわざ大学のグラウンドで寝たのは、ドーパントが襲ってきた時に学生に迷惑をかけないためだ、と脳内保管。
まぁ、あそこなら大抵は大丈夫だと思うけど、眠ってる仮面ライダーなんて異質な画だ…w

まともに寝ていなかったせいか、すぐ睡眠状態に入った翔太郎。そこに待っていた夢は…時代劇だった。
直前に見た『風の左平次』の影響で変な夢を見ちゃったよ、この人…しかもフィリッ八って、どういうセンスなのw
事件現場の同心・照井や大道芸人・サンタちゃんも面白かった。照井竜、まげも似合うのか…
フィリップがナイトメアの存在を感じ、翔太郎は変身しようとするのだが…
「疾風」、「切り札」って何だよ、このメモリは!? 話に聞いていた通りホントに木札だったから吹いたw

w_0404_03_s.jpg
しかも使えた!翔太郎の顔に隈取が出るのが細かい。

何の制約も無い夢の中だけあって、ハードボイルダーが城下街を爆走。なかなか見れないな、こんなシチュエーション。
撮影にもこだわっていて面白い。最初は田崎監督の無駄遣いかと思ったけど有効活用だった。
ハードボイルダーで体当たりし足止めしたかに見えたが、夢の中では無敵のナイトメア。
ハードボイルダーを自転車に変えられてしまう。これもスゴイ展開だな…w

やっとの事でナイトメアが辿り着いた場所は奉行所。
「検索一筋」…遠山の金さん風の出で立ちをしたフィリップ。翔太郎やりすぎだw
夢という特殊な環境のため、本来は意識を失ってしまうフィリップも自由に行動出来てしまう…これ、面白いなぁ。
犯人が赤城教授ではないと知り、夢から覚めるフィリップ。そこには、ナイトメアを探しに現れたウェザーの姿が。
ファングメモリが現れ時間を稼ぐも突風によって飛ばされてしまいフィリップは窮地に。
そして、ウェザーの放った赤い電撃はフィリップの身体を貫いた。
このシーン、フィリップの身体に模様、例えるならメモリの基板みたいなモノが見えるのだけど、この辺『地球の記憶』に触れる力と深い関わりがありそう。

よく20分ほどの本編に収めたなと思うくらい内容があった回でした。

【天装戦隊ゴセイジャー】「出ないんだったら…俺が描く!!」

gosei_0404_01_s.jpg
gosei_0404_02_s.jpg

<感想>
この話、ツッコミどころが多くて、もしかしたら『ゴセイジャー』の中でも一番好きな話かも知れない…w

冒頭、絵を描く望くん…絵、上手すぎるだろ…w あれで「普通だよ」とか謙遜通り越して嫌味にしか聞こえないw
アラタも描いてみたら、と誘われるも遠慮して逃げ出すアラタ。
絵心無いんだな…この時、これが後々衝撃の展開にあんな形で繋がるとは思ってもみなかった…

出鱈目のファンダホーにより混乱する街。踊りながら放出する電波によって命令中枢を狂わせてゆく。
そこに現れたゴセイジャーだったが、一瞬の油断からかばったアラタが電波を浴びてしまう。
アグリの攻撃から逃げ去るファンダフォーを確認し、変身を解く5人…だったのだが、なぜかアラタの変身が解けない!?
このシーンがシュールで…w

研究所に帰るとエリ、アグリ、モネから力づくで強化服を脱がされそうになるアラタ…哀れ。
望くんの想像した絵も異質すぎて吹いたw
水を飲もうとしてぶつけるシーンも面白い。口があっても開かないからね…
その後、天装術を使い続ければ変身が解けるのではと考えたアグリのアドバイスにしたがって、次々に使っていくのだが災難を引き起こすばかり。
天知博士に正体をバレてはいけないと慌てるシーンは見せ方が上手かったなー。

再び現れたファンダフォーに弱点を聞くシーンはえらい力技だったけど、相手が間抜けだったからだと納得しよう…
全員でキメポーズをし、これから反撃だってところで変身解除してしまうアラタ。
この最悪のタイミングで現れる幹部・ブレドラン。そして、ブレドランの力に歯が立たない4人は絶体絶命に。
この場をなんとかしたいアラタだったが、頼みの天装術は暴走したまま自爆する一方。
確実に止めを刺す、と勢いづくブレドランはファンダフォーを巨大化させる。
…しかし、この巨大化が墓穴を掘るとは思っていなかっただろうな…

「この方法だけは…取りたくなかった…」
絵の消えてしまったドラゴンヘッダーカードを手に何をする気なんだアラタ…
「出ないんだったら…俺が描く!!」
男の子が落としていったクレヨンを手に無駄な気合を込めてカラフルなドラゴンヘッダーを書き始めるアラタ。
鬼気迫った表情でカードに絵を描くアラタの姿があまりにシュールすぎて吹いたw
出来上がったのは到底『ドラゴンヘッダー』とは思えない奇抜なドラゴンヘッダーらしきもの。
そして、そのゴセイカードをテンソウダーにセット。するとカードは変化し…「エキゾチックブラザー」に!
今、ここに『ぼくのかんがえた さいきょうドラゴンヘッダー』が誕生したのだった。

突然現れたエキゾチックブラザーだったが、当然のように合体しエキゾチックゴセイグレートに。
元々、おちこぼれだったせいかエキゾチックゴセイグレートには敵わず。
ファンダフォーは見せ場も見せられないまま、あっけなくエキゾチックストライクの前に敗れた…可哀想に。

この回は、なんだか分からないけど不思議なパワーを感じる回だった…ロボットの追加武装を捏造する展開なんて聞いた事ないよ…
これ、玩具で再現しようと思ったら少し苦労するなぁ。
今回登場したウォースター・ファンダフォーは『ファンタスティック・フォー』が元ネタでした。


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。