個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シブサワ・コウ氏「『真・三国無双』をジョン・ウーを監督に佐藤浩市を趙雲役で映画を作りたい。」

musou_logo_img.jpg

コーエーの創始者であるシブサワ・コウ(襟川陽一)氏に対するインタビューで
「自社ゲームを映画化するなら」の質問に対し「『真・三国無双』を映画化したい」と回答。
また、発表から続報が無かった『仁王 Ni-oH』についても僅かながらコメント。


「真・三國無双」、ジョン・ウーと佐藤浩市で映画化!? シブサワ・コウが理想語る(ハリウッドチャンネル)

そんなシブサワ氏に、コーエーブランドのゲームを映画化できるなら?といった質問を投げかけてみると、「『真・三國無双』を映画化したいです。ナンバリングタイトルで言えば『真・三國無双5』が最新作ですが、『真・三國無双』が一番映画化に適しているのでは、と思います」と答えが返ってきた。理想の監督・キャスティングについては、「ジョン・ウー監督と何度かお会いしたことがあるので、ジョン・ウーに監督してもらいたい。主演は日本の方がいいなぁ。佐藤浩市さんが渋くて好きなんですよ。武将でいうと趙雲。ちょっと歳かなぁ?(笑)とにかく日本の俳優の方に入っていただいて日中合作でやりたいです」とコメントし、かなり具体的なプランも飛び出した。


この話も面白かったんだけど、それより後の『仁王』のコメントの方が気になった。

では、監督業に興味があるのかという問いについては、「私はゲーム命ですから、ゲームでやりたいことがたくさんある」とキッパリ否定。「現在も、ひとつタイトルを開発中です。『仁王』という作品です。あらすじは、戦国時代に日本で活躍した金髪碧眼の外国人の武将の物語です。アクション・ゲームでRPG の要素も少し入った作品ですね」と新作ゲームの制作に注力しているという。こちらも映画化に適していそうな内容だ。


ちゃんと作ってたんだ…
音沙汰無いから心配してた…

とはいえ、もう発表から5年経ってるんだよね…完成するんだろうか(汗

「仁王」究極のアクションエンタテイメント発売決定!~シブサワ・コウ、“PS3”への意気込みを語る~(コーエーテクモ)
コーエー、究極のアクションエンタテイメントを目指す。 プレイステーション 3「仁王」発表(GameWatch)
コーエー、「鬼」改め「仁王」PS3で発売――黒澤明の遺稿をゲーム化(ITmedia Games)

::関連::
〈超〉日本語吹替え版が誕生!! M.ナイト・シャマラン作品 映画『エアベンダー』公式サイト

>シブサワ・コウ監修の吹き替え版。って、コレ『シックス・センス』のM・ナイト・シャマラン作品だったのか…


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。