個人的に気になった事を書きとめる情報元が人任せな雑記ブログ。
特撮ヒーロー雑記(統合したため更新停止) → 定点観測。(スーパーヒーロータイム版)

プロフィール

なるがみ。

Name:なるがみ。



このブログについて。





記事アーカイブ

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「シブサワ・コウ」こと襟川陽一氏、松原健二氏に代わり再び代表取締役社長に就任。


koei_tecmo_logo_img.jpg

「シブサワ・コウ」こと襟川陽一氏、松原健二氏に代わり再び代表取締役社長に就任したと発表。


シブサワ・コウこと襟川陽一氏,松原健二氏に代わってコーエーテクモホールディングスの代表取締役社長に就任(4Gamer.net)

 コーエーテクモホールディングスは本日(11月8日),松原健二 代表取締役社長の辞任と,取締役最高顧問を務めていた襟川陽一氏の代表取締役社長への就任を発表した。

 発表によれば,本日開かれた同社の取締役会において,松原氏から「一身上の都合により代表取締役並びに取締役を辞任したい」との申し出があったことが異動理由とされる。
 松原氏の辞任の理由についてこれ以上の説明はないものの,同じく本日公開された,同社の平成23年3月期 第2四半期決算短信(PDFファイル)では,ゲームソフト事業の営業利益が16億円のマイナスとなったことが明かされており,これが辞任理由の一つになっている可能性はありそうだ。


 なお,子会社であるコーエーテクモゲームスの代表取締役社長,コーエーテクモウェーブおよびコーエーテクモネットの取締役に襟川氏が就任することも,合わせて発表されている。

 新たに代表取締役社長に就任する襟川氏は,同社の前身である光栄を設立し,「信長の野望」シリーズを生み出した“シブサワ・コウ”として知られる人物。邪推を承知でまとめるなら,氏を経営のトップに付けることには,会社の意思決定を明確かつ速やかに行っていこうとするほか,スタッフの士気高揚にも一役買ってもらいたいという狙いがあるのではないだろうか。
 襟川氏の今後の舵取りに,大いに注目したいところだ。


最近、メディアの露出が多くなってきたなとか思ってたら社長復帰とは。
やっぱり気になるのは『仁王』。そろそろ出せるといいんだけど…今年に入って一応続報出たし大丈夫かな。
とりあえず、コーエーの顔が帰って来て良かった。

::関連過去記事::
シブサワ・コウ氏「『真・三国無双』をジョン・ウーを監督に佐藤浩市を趙雲役で映画を作りたい。」
>映画絡みでインタビューを受けた襟川さん。音沙汰の無かった『仁王』はまだ作っていたという話。

::関連::
子会社における役員の異動に関するお知らせ(PDF注意)

[TGS 2010]コーエーテクモが最新作「仁王」を電撃発表! シブサワ・コウ氏も登壇(4Gamer.net)
>シブサワ・コウとTeam NINJAのタッグで改めて製作される事になった『仁王』。発表から5年か…


スポンサード リンク

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

※ コメントは管理者の承認後、表示されます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。